太平洋側の冬型の気圧配置では、異常乾燥注意報が連日続くほどの乾燥状態が続くので、お肌のコンディションには特に気を使う季節です。
この季節には静電気も置きやすく、普段お肌のコンディションに問題が無い人でもトラブルを招きやすいので、この季節特有の配慮が必要なのです。
いつもは肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後やおふろの後は出来るだけ化粧水を使用するほか、乳液を使うことをおすすめします。
このように、寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、自分で出来る、肌の手入れを怠らないようにした方がいいです。
そうやってきちんとお手入れをする具体的な手立てですが、まずは保湿をすることと血行促進することが冬のスキンケアの秘訣です。
空気の乾燥による水分不足を防ぎ、低音による血管の収縮で血の巡りが悪くなり、皮膚への栄養配給が行き渡らなくなることを防ぐためです。
様々なスキンケアを自己流で行うと自分に合った正しい方法を見出せない場合も多いので、専門家の知見を取り入れることが理想です。
中国地方の山陽地域なら、総合的な美容施術を行っている湘南美容外科岡山院を予約してカウンセリングを受けてみましょう。