年齢に負けずエイジングケアしたい。

そう思ったら最近、すっかり使わなくなったコスメ雑貨があります。それは

「あぶらとり紙」です。私は、年齢を重ねるごとに確実に分泌される皮脂の量が減っていることに、決して喜んでいる訳ではありません。 この皮脂の減少が、だんだん顔のキメが荒くなったり、シワの原因の乾燥につながるんだろうなあ、と悩んでいます。 あと、メイク落としも、以前使っていたオイルクレンジングタイプが合わなくなってしまいました。普段からナチュラルメイクのつもりなんですが、クレンジングで余計な皮脂まで落としてしまい過ぎるらしくて、突っ張って赤い湿疹まで現れる始末。 赤ちゃんにも使えるような、石鹸成分に近い洗顔料に変えてみました。 たまに、ショップで、角質のキメの細かさを調べてもらうことがあります。「年齢の割にはキメが細かいですね!」と誉められたりするのですが、顎の下のデコルテ(首)部分の肌でチェックします。おそらく、紫外線が当たりにくい場所だからでしょう。 美しく歳をとりたいのは、女性達の共通する願いですね。そして、実は最近エイジングケアに凄く適したリッチなクリームを見つけたんです。白漢しろ彩セラミドリッチクリームです。ちょっと長い名前ですが、今話題のラメラ構造。そして、肌に必要なセラミドも含まれています。白漢しろ彩セラミドリッチクリームを使ってからは、肌が昔みたいに輝いています。エイジングケア出来た証拠ですね。